FC2ブログ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこは、女神が見守る幻想大陸。
ヒトや妖精、幻獣たちの住まう平和な世界。


女神の定めた五つの国は、長い歴史の中でそれぞれの文化を築いていた。

世界の中心、央の国。
マナの湧く七色の泉、月影に輝く水晶の花。
外部の者は容易にたどり着くことはできぬ、妖精たちの住む秘境。

北にそびえるは、氷と雪に閉ざされた永久の国。
ドワーフや獣人が多く住み、地下に輝く輝石を秘めた天然の宝物庫。

南に広がるは、砂漠に覆われた生命の国。
ヒトと亜人が共存し、命の海と死の砂漠を抱いた真理の姿。

東に息づくは、神の血をひく光の国。
今は遠き王制の名残を残す、多民族の住まう大地。

西を統べるは、世界唯一の王制が残る夢の国。
夜の女神の加護を受け、色づく薔薇の咲き乱れる花の園。


西の国唯一の王女は、夜の女神と同じ金の髪に蒼の瞳をもった可憐な少女。
少女が夢見る神話の世界は、美しくも儚い創世のものがたり。

今宵も少女は古き神々の時代を夢に見る。
世界のはじまりから今に至るまで、幼い頃に読んだ神話の絵本が、繰り返し少女を神々の世界にいざなう。
そうして月の精が眠りにつく頃、輝く朝日とともに少女は現実の世界へと引き戻されるのだ。

今日は舞踏会の日。
久しぶりに会う友人や、遠い国から来る客人が、きっと少女を楽しませてくれる。
さあ、今夜はどんなドレスを着ていこうかしら。




text by S.M.
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks


    最新記事

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。